Strolling in Wonderland☆上海編☆
世界を飛び回るのが大好きなスイス人と一緒に飛び回る、日本大好き日本人のダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンティーク家具
新居の家具は、大家さんの趣味でヴィクトリアン調。
CIMG1446_convert_20090207144936.jpg

ここの左っかわのスペースに、何か素敵な家具を。
と思い、収納にも使え、インテリアの一部にもなりそうな
そして、どんな部屋のスタイルにもマッチしそうな
アンティークの家具を探しています。

上海にはアンティークで有名な通りがあるようなので
これから行って来まーす。
ベトナム生まれです。
ベトナム雑貨のお店で買った急須。ピンクのロータスがポイント。
CIMG0014_convert_20081226232559.jpg

取手の部分もかわいくない?
CIMG0015_convert_20081226232806.jpg

たまにベトナム人に間違われる私。
こうして自然にベトナムの物に引き寄せられるってことは、
前世は間違いなく、ベトナム人だね。

最近は寒くて仕方がないので、毎日これで美味しいお茶を飲んでいます。
上海での部屋探し。その2「家具」
今のところ3軒の不動産屋さんを通して数十件以上の物件を見て回ってます。

私たちが探してるのは家具付き物件なため、
(って言うより、上海の賃貸は基本的に家具家電付きみたい。)
お部屋が良くても家具が「ブブー!」な場合が多々あり。

特に大家さんが個人で所有しているお部屋だと、

「なぜこの家具を選んだのか?!」

と言う悲しい結果に終わることが多々あります。

ここ中国では、備え付けの家具や備品(テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)は
基本的に交渉次第で交換したり、引き取ってもらったりは可能なんだって。

昨日、何十件目かでやっと、すごく気に入った物件があったのですが、
ご多分に漏れず、「いつのトレンドですか?」みたいな家具。。。

そこで思い切って、リビング&ダイニングの家具を一式交換してもらえるか
聞いてみました。(←だいたん?)

不動産屋さんと管理会社の人によると、個人の大家さんが持ち主のため、
換えられたとしても、既存のものを置いておく場所がないらしく、
それは難しいかも・・・とのこと。

えーーー。

じゃあ妥協して、ソファだけでも?って聞いたところ、
「ソファ交換だけならできるし、家具をそのまま換えなくていいなら
家賃を大幅に値引くよ!」と言う返事を後日もらいました。

んー・・・家具を取るか、家賃を取るか・・・。
変な家具に囲まれて、最低でも1年は住まなければいけないなんて、
やっぱりいや・・・!

明日は更に新しい不動産屋さん2軒に、同じマンション内の違うお部屋を
もっと見せてもらう予定。

いいのんがありますように。。。

私たちが求める値段と、希望の条件には差がありすぎると不動産屋さんは
嘆くけど、1年前のぼったくり入居のリベンジのごとく、しつこく頑張る
私たちなのでした。
上海での部屋探し。その1「教訓」
2月に今住んでいる部屋の契約が切れるため、先週末から部屋探しを始めました。

今の家はもともとジョンジョンが1人用に借りていたものなので、二人で暮らし始め、私が上海で色々な物を買い始めた成果が出始めたのか、収納が全然足りず、2ベッドルームなんだけど、1つは既に開かずの間となっております。そして、暖房器具はエアコンなため、寒くてしょうがない・・・。

そんなわけで、今夜も8時から一件下見です。明日はクリスマスイブですが、はりきって朝から部屋探しツアー第2弾。

上海の賃貸事情も、世界の経済とともに暴落し、11月の時点で30~35%も値段が下がっているんだって。

でも何故か問い合わせるお部屋はみんな高いのです。不動産屋さん曰く,大家さんたちは値段が一気に落ち込む事を恐れ、みんな高めの設定にしてるんだって。で、交渉次第では数百元~数千元の値引きは可能かもしれないけれど、それは全て契約を結んでからなんだそうです。

そうだった・・・ここは交渉の国。上海に来たばっかりの1年前、時間のなかったジョンジョン。日本同様、値札のとおりにお金を払うスイス国で育った彼は、言われるがままの値段でマンションの契約を結びました。暮らし始めてまもなく、周りの友だちが、なぜかもっと安い値段で、もっと広い部屋に住んでいる事を知り・・・。「次こそは!」と意気込んで今日までやってきました。

今回はぜひジョンジョンに頑張って頂きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。