Strolling in Wonderland☆上海編☆
世界を飛び回るのが大好きなスイス人と一緒に飛び回る、日本大好き日本人のダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラーメンガール/The Ramen Girl
たまたまテレビつけたらやってた映画、ラーメンガール。
http://wwws.warnerbros.co.jp/ramengirl/ 

日本でも今年1月に公開されてたようですけど、観ました?
私、はっきり言って「ロス◯・イン・トラン◯レーション」より、
こっちの方が断然面白い!と思いました。

ブリタニー・マーフィーと、西田敏行の組み合わせが素敵。
日本に住んだことがある外国人はもちろん、日本人の視点でみても、
「わかる、わかる」ってところがたくさん。

残念ながら、ジョンジョンは今日本出張に行ってて一緒に観れなかったけど、
ぜひいつか一緒に観たいものです。

ちなみに、私ジョンジョンと一緒に観た「ロス◯・イン・・・・・」は、
途中で寝ました 笑


この映画を観て感じた事。

どこの国に住んでも外人は大変なものってこと、
自分だけじゃないということ。

プラス、おいしいラーメンが無性に食べたくなった。
上海で美味しいラーメン屋さんに、まだ巡り会えてないんです。


でも、映画の中で最後にブリタニーが作ったラーメンの具は・・・。

やっぱり日本人の味覚が一番だね。
スポンサーサイト
夏の合宿。Moganshan編-3
お昼は、シンガポール人のサイモンさんが作ってきてくれた中華風おかゆ。
IMG_2025_convert_20090728195806.jpg

たまごとか、ザーサイ?の刻んだの、そしてあの腐ったたまご
ピータンが入った塩味のおかゆ。

私はピータンが大のニガテ!!!

このおかゆ、シンガポール人にとってはおふくろの味らしいけど、
日本人をはじめとする欧州人二人は、「うーん。」

でも、2時間もかけて前の晩から作って来てくれたのだから、
美味しくいただきました!

お腹も満たされたことなので、軽くあたりを散策に出かけます。
CIMG1787_convert_20090728200947.jpg

天気が最高に良く、最高!
CIMG1786_convert_20090728202314.jpg

花。
CIMG1785_convert_20090728204754.jpg

あ、ニワトリ。
CIMG1789_convert_20090728201639.jpg

久しぶりに自然を満喫。この下にはお茶畑が広がります。
CIMG1791_convert_20090728202129.jpg

山とは言えども、蒸し暑いアジア。
みんな汗だくになりながら家路につきました。

ただいま。私たちのヴィラの門。
CIMG1799_convert_20090728211004.jpg

そして竹やぶと言えば、「蚊」。みんなおかしいくらいに刺されてました。
私も右と左に巨大虫さされ・・・。っていうか、肩いかついね 笑
CIMG1801_convert_20090728212949.jpg

さて、これから夕飯の準備です!
IMG_2034_convert_20090728212837.jpg
夏の合宿。Moganshan編-2
本当は3時間で着くはずが、
かなりの田舎のためもあり、なっかなか目的地を見つけられず、
結局予定より2時間遅れ、計5時間のドライブの末、たどりつきました!

チェックインを済ませ、アメリカ人オーナーと、3匹のワンちゃんの案内で
本日私たちが宿泊するヴィラへ~。
IMG_2014_convert_20090726150058.jpg

竹林を登ること約5分。
IMG_2101_convert_20090726224156.jpg

私たちのヴィラ。真っ白な壁をバックに、
おっきい鉢植えにちょこんと咲く花がかわいい。
IMG_2102_convert_20090726224655.jpg

さすがオーナーは欧米人たちだけあって、
ヴィラはとても広くてお洒落&清潔(←ここ大事ね)。
IMG_2016_convert_20090726230115.jpg

9人らくらく食事ができるダイニング。
IMG_2019_convert_20090726225725.jpg

2階建て。
上はバスルーム(シャワー)が二つにベッドルームが3つ。
IMG_2020_convert_20090726231709.jpg

2時間遅れての到着なのでお腹がぺこぺこ。
みんなでお昼ごはんの準備でーす。
IMG_2017_convert_20090726232537.jpg

つづく。
夏の合宿。Moganshan編-1
上海は連日40度近い熱帯地域並みの天気が続いてます。
今日なんてスコール降りましたからっ!

さて、そんなあっついコンクリート砂漠から脱出すべく、
先日は莫干山(モーガンシャン)へ自然を求めに行って来ました。

目指すはNaked Retreatsと言う、経営陣のひとりが私たちの知り合いでもある、カントリーリゾート。

上海から車で3時間。今回は総勢9人での旅だったため、
レンタカー(運転手さん付きね♪)でしゅっぱーつ!
IMG_2000_convert_20090721232156.jpg

IMG_1998_convert_20090721232803.jpg

シンガポール人6人、フランス人1人、スイス人1人、日本人1人の
とーっても偏りのあるグループ構成で出発です!

車の中は、主にシンガポール人メインのおしゃべりが3時間続き、
車酔いする暇もなく、あっという間に目的地まで到着しました。

つづく。
ロッククライミングの結果報告
第2回目のロッククライミングだった先週の日曜、
スパルタコーチ、ジョンジョンのお陰で上まで登ることができました。
と言っても、一番簡単な初級者コースだけどね。

サチちゃんが前回コメントくれたように、
上まで行けた時はとても気分が良い!

そして登り切ってみて思ったこと。
それは誰もが口にする、
「ロッククライミングは心理的な問題」
という言葉が、いかに正しいかということ。

落ちるとコワイ、手が汗ばんでて滑ったらコワイ、
でも、よく考えたら私、ロープでしっかり繋がってるんだ・・・
更には、小学校低学年のちびっ子だってスルスル登れるんだから、
なぜ私にできない・・・?

という風に気持ちを切り替えた瞬間、意外にもすんなり登ることができました。

多分、今回はbelay(登山者にロープをつけて安全を確保すること)
の練習もしたせいか、どれだけ手が滑っても
下でしっかりロープを持っていてくれる人がいる、
ということが、支える立場になって初めて分かったというのも大きいかも。

しかも、belayをするのも結構な腕の力が必要なのです。
ロッククライミングは登ってても、belayしててもいい運動になります。
合理的なスポーツだわ・・・とひとり納得。

今日もまた筋肉痛ですが、
(特に内側の手首から肘裏までかけて・・・
そんなとこ筋肉痛って珍しいですけど。。。)

次回も楽しみです。
色んなものに手を出す系の私ですが、珍しくハマりそうなスポーツです。
ロックをクライミング
おはようございます。

日曜なのに、8時前に目が覚めてしまいました。
今日は11時からロッククライミングの日。
上海体育館のインドアロッククライミングで汗を流します。

毎週日曜11時は、友達数人が集まって岩?壁?をよじ登ります。
最初は「壁に登って何が楽しいのかしら?」
なーんてなめていた私も、先週1回行ったら見事にハマりました。

壁を登ることがこんなに楽しいなんて!

2、3歩よじ登っただけで全身から滝のような汗。
背中、腕、腹筋、足腰、
そう、普段全く使うことのない、
私の身体のあらゆる筋肉が駆使されているのがヒシヒシと伝わって来ます。

ちびっ子から大人まで、みんなが楽しめるロッククライミング。

一番上まで登れなくてもこんなに魅力を感じるのだから、
上に到達したら、もっとハマるんだろうなぁ。

今日は一番上を目指して頑張ります。

では行って来まーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。