Strolling in Wonderland☆上海編☆
世界を飛び回るのが大好きなスイス人と一緒に飛び回る、日本大好き日本人のダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あいのり。
上海に来てから、私の身には色んな不思議な?普通じゃありえない、
“珍”な出来事がおこります。(←え、それは昔からだって?)

先日は、全然知らないおじさんとタクシーを“シェア”しました。

私は毎日通勤はタクシーなんですが、
上海のタクシー人口が恐ろしく多いため、
平日でも帰宅ラッシュの夕方になると、なかなかつかまらないことが多々。
特に雨の日は大変。降りる人がいたらそこにめがけて走り、
ドアが開くのを横付けで待っていないと乗れない。
争奪戦です。

その日も雨がかなりひどかったけれど、
運良くすんなりタクシーがつかまり、早速乗ろうとした私。
すると後ろから何やら中国語で話しかけて来るおじさん。

いつもなら無視するんだけど(と言うか中国語分からないし。)
なんかおじさんが困っている感じで、わりと(中国人にしては)腰も低かったので、
ちょっと話しを聞くことに。(と言うか中国語分からないけど 笑)

すると、私の行き先を聞いて来たので答えると、
そのおじさんはちょっと考えてから、
「分かった、とりあえず乗っていい?」的なことを言って来た(多分。)

雨もひどかったしめんどくさかったので、
いいよ、と言って私はさっさとタクシーに乗り込みました。
おじさんはちょっと遠慮しながらも、助手席に。

「おねえちゃん、ありがとうね」ってそこは聞き取れた私。
さらに、「おねえちゃん中国人じゃないでしょ?」って言うのも聞き取れた私。
すかさずタクシーの運ちゃんが、
「中国語しゃべれないんだから中国人じゃないっしょ?」と突っ込み。

「私日本人」と答えると、またタクシーの運ちゃんが調子にのって
「ジャッパーン」とか言って来た。

ま、私の中国語はこんなレベルなので、当然その後の会話もなく。

渋滞して全然進まない中、おじさんはずっと仕事らしき電話をかけている。
でも、ときおり「今日本人とタクシーシェアしてるんだよ、わはは」
みたいなことが聞こえてきて。
でもイヤミな感じもせず(中国語なのに!)とても気さくな人でした。

結局私を最初に降ろしてくれて、(と言うか当然だけど)
渋滞のため少し高くついたタクシー代までも払ってくれました。

日本だったら絶対あいのりなんてしないだろうけど、
ここ上海に暮らしていて感じることは、
日本よりも数倍安全に生活できるということ。

まあでも次回からはやっぱりあいのりはやめておこうかな。
スポンサーサイト
自分へのご褒美 ~スパ編~
最近本当に疲れていたのと、明日は私の誕生日!
ということで、pre-birthday present (誕生日前のプレゼント)として、
Evian Spa(エビアンスパ)へ行って来ました。

エビアンスパは、あのお水で有名なフランスのエビアンプロデュースのスパ。
上海のセレブも通うと言われる、たっぷり贅沢感を味わえるスパです。

お友達のなおみさんに話しを聞いていて、
行ってみたいなとは思っていたけど、なかなかチャンスがなく、
今日初デビュー。


今日はフェイシャルとボディーをしたかったので、まずはカウンセリング。
くすみが目立つのと、目の周りの血流がよくなくむくんでいる、
ということで、特攻美白+目元集中ケアをしてもらうことにしました。
ボディーは夏にむけて角質除去ということで、スクラブトリートメントを。

着替えや、施術室への移動は、お姉さんが腕をそっと支えて一緒に歩いてくれます。
途中で「飲みますか?」と渡されるのは、もちろんエビアン水。
バスローブやスリッパも、エビアンオリジナル。
素敵な内装は、有名な建築家によってデザインされたのだそう。
ラベンダーティーを頂いたり、
色んなところにバラの花が飾られ、ちょっとお姫様気分です。

着替えを済ませ、専用室でのフットバスから始まり、施術室へ移動。
これから使われる商品を、全て説明してくれます。
全てフランスのクラランス製品。

まずは全身くまなくボディスクラブマッサージから。

気持ちいい~。

シャワーで流した後、次は血流をよくするためにリフトアップマッサージ。
ミント入りなのか、体中・・・さ・さむい。

そのまま次はフェイシャルへ。

お姉さん、寒いんですけど・・って訴えると、
「10分後にはよくなりますよ」と、空調を調節し、
もう1枚タオルケットを身体にかけてくれながら、微笑む彼女。

確かに10分後には体がぽかぽかし始めました。

気持ちよくうとうとしながら、
クラランスのハーブを使ったローションやジェルに癒されながら、
フェイシャルは角質除去のための泥パック、スクラブマッサージ、
さらに美白のためのパックを2回!

施術後の鏡をのぞくと、顔色が3段階くらい明るくなっていました!
もともと色黒で諦めていた私、美白とは、白くするというよりも、
どんな肌色でも、透明感を与えると言う意味だったのだということに、
今日気が付きました。そしてお肌ももっちり~。

そして目元。
来る前に軽くメイクしてきた目元より、
メイクなしの今の方が完全にパッチリ目元。

全身もすべすべで、毎月通いたくなってしまいました。
お姉さん曰く、私は特に足の血流が悪いらしく、乾燥もひどい。
だから身体の割に足が太っていると、何回も言われました 笑 

毎日家で足浴したらいいよってお姉さん言ってたので、
さっそく試してみようと思います。




今日のメニュー
特攻美白(75分)1300元+目元集中ケア(30分)320元=1620元
角質除去スクラブトリートメント(60分)=820元

合計:2440元(約34000円)
戦うわたし。
今日も仕事で一試合。
って、いつも戦ってるわけじゃないですけど、
戦わざるを得ない状況に最近追いやられて。

ストレス溜まりまくりです。

でも今日も勝ちました。
自分で言うのもなんだけど、入社してから半年強、負けたことはありません。
いや、負けたことがないと思い込んでるのか・・・。

基本社内業務は全て英語でやりとり。
もちろん、ネイティブではない私は、充分過ぎるくらいに文章は
明白に、丁寧に、かつシンプルに。の三拍子を心がけています。

それでもやっぱり、ごく稀に・・・
というか今日が初めてだったけれど、文章を読み違いされてしまい、
ちょっとした侮辱を受けました。←プライド高い?

アメリカ人→中国人→日本人の私に来たメール。

アメリカ人の言っていることは100%憶測で、明らかに事実とは異なる。
それを完璧鵜呑みにして、そのままお前は間違っているぞ、
とメールをして来た中国人。


さて、ここで問題です。
中国人がまず初めにしなければいけなかったこと。
それはなんでしょう?

もうお分かりですね?
私を責める前に事実関係を確かめる。

そんなことは一切なく、一方的に悪人にされた私。
もちろん私は間違っていないことを謙虚に伝え、
ついでに反論までしてみました。

ところで、こっちの問題はどうなの?と。
個人個人に、しかも憶測で文句言う前に、もっと広い目で、
(↑とは言わなかったけれど、文章の背景にそれをたっぷり込めて。)
お互いが効率的に仕事ができるようにしませんか。って。

もう腹だたしくてしょうがない一日の終わりだったけれど、
友達とごはん食べていっぱいしゃべってすっきりして帰って来たら、
アメリカ人からメールが入っていました。

ごめんなさい、って。
そしてあなたが提議した問題について取り組みたいと思う。って。

アメリカ人が謝った。

言えば分かるじゃない、←何様? と思っていたところ、
中国人からひとこと。二人ともサンキューって。

なによ、サンキューって。
あなたもアメリカ人の言うことを鵜呑みにして、
人を悪人扱いしたことに対して、ごめんなさいって言ってよ!て思ったけど、
ここは中国。その体力を使うのは惜しかったので流しました。

でも、一番難しいのはやっぱり日本語。
文章にすると、全くニュアンスが違って伝わってしまったりするから、
一番気を使うのはやっぱり日本語かな。

謝ると負けの文化の欧米と、
謝り倒せばなんとかなる日本独特の文化。。。
そして謝ることを知らない?!中国文化。

毎日色々使い分け過ぎて、頭がパンク寸前です。
黄色い幸せの果実。
と言えば、「マンゴー」!
↑って、勝手に命名しまてみましたけど。

先週末、近所の通りで「タイフルーツフェスティバル」と言うのをやっていたので、
ちょっと覗いて来ました。

タイ大使館(←なんか言いにくい)主催によるもので、
フルーツからクッキーから化粧品から工芸品まで、
色んなものが屋台風に並んでいます。

大のマンゴー好きな私が真っ先に飛びついたのが、
このたわわな果実!
IMG_1927_convert_20090614113455.jpg

ひとつ21元(約290円)・・・やすっ!

本場タイ産、あま~くてじゅ~し~で。
IMG_1934_convert_20090614113912.jpg

最高においしかったです�L�e�B�����

しあわせ~。

お腹が痛いはずだったけど、
マンゴー食べても全然平気。

↑やっぱりストレスだね。
タイガーバーム
胃腸炎の次は足。

疲れがたまっていたのか、
単に上海の道がでこぼこしていて歩きにくいせいか、
段差に気が付かず着地に失敗、先週金曜に足をひねりました������

でも、見事な?バランス感覚で持ちこたえ、
足首ではなく、土踏まずの部分の筋が少し伸びたかな?
くらいでなんとかおさまりました。

寝て起きて腫れてたら病院に・・・と思ったけれど、
寝る前に、ふと思い出したのが
あの「タイガーバーム」。

IMG_1970_convert_20090614111022.jpg

昔おじいちゃんとおばあちゃんが、
香港かシンガポールに旅行に行って買って来てくれた魔法の薬。
まだ子どもだった私は、「わぁ、すごい!」と、
このエキゾチックな小瓶をまじまじと眺めていたものでした。

あれから何十年。
いつしか、「タイガーバーム?魔法の薬?そんなわけないでしょ」
なんて、すっかり大人になった私は、そんなひねくれた考えを持つようになり、
やがてその存在すら忘却の彼方でした。

ところが。

去年旅行に行ったタイで、なぜか家の救急セットを揃えようということになり、
ジョンジョンが手にしたのがこのタイガーバーム。

スイスでも魔法の薬として知られているようで、
そして今でもそれは健在だそうで。

日本で今でも使っている人いるのかなぁ?

痛み止めの薬に対してアレルギー反応を起こす私は、
湿布もだめなので、試しに患部に塗り塗りして寝ました。

翌朝、なんと痛みが引いているではありませんか!
そして、アレルギー反応もなし。

お陰で、前の晩は歩くのがやっとだったけれど、
次の日は上海市内を2時間くらい歩いて散歩、
更に家に戻ってジムで40分有酸素運動ができるまでに復活。

恐るべし、タイガーバーム。

でも、なんでタイガーなんだろう。。。
そして、原材料は一体何・・・?

とりあえず、おすすめです�j�R�j�R�B�@����


とうとうなってしまった。。。
先週末、胃腸炎になりました!←誇るものでもないですが・・・。

どうやらまだ中国での免疫がついていないらしく、
1週間半前から、何を食べてもお腹がキュルキュル~・・・

でも、胃のあたりが痛み出したので、
これは絶対『仕事からのストレス!』と決め込んでいたけれど、
咳や鼻水も出始め、(これは会社のクーラーが効き過ぎなためと判明。)
ジョンジョンがアメリカ(しかもテキサス!)から出張で帰って来たばかりなので、
万が一のことを思い、先週土曜日病院へ駆け込みました。

上海には日本人のお医者さんが常駐の病院がいくつもあって、
病院もとてもきれいなので安心。

結局熱もなく、触診と、聴診器と喉の様子を診た先生が、
「胃が荒れてますね。胃腸炎かな。」って。

原因は、多分食べ物かウイルス性と言われました。

辛いもの、脂っこいもの、そしてお酒はしばらくやめて、
水分をしっかりとって、ゆっくり休んでくださいとのことで、
胃薬をもらいました。

私は絶対、ストレスのせいだと信じてやまないのですが・・・。

今は薬が効いているせいか、ごはんが普通に食べられるようになってきました。
でもしばらくは消化の良い日本食です�Ђ��ق�

ジョンジョンも、いつもにまして優しく、プラス、
例のインフルエンザのため、会社の規定でアメリカ帰りの人は7日間自宅待機なので、
家の掃除、洗濯、料理はおまかせ♪

毎朝毎晩、「薬を飲んだか?」って確認が入ります。

ちなみにジョンジョンも少し風邪気味だったけど、
どうやらそれは私が移した模様ですkao04

今は鼻水も咳も止まり、胃の痛みも治まりました。
でも油断は禁物。
今週はなるべく家でごはんを食べようと思います。
今日もよく頑張った
今週から2週間、一緒に働いているチームの1人がお休みなので、
彼女の分をカバーしている私。なので単純に計算して仕事量はいつもの2倍。

プラス。

大きいボスが昨日今日と来ていた為、
ミーティング三昧。

お陰で全然仕事が終わらない����
ここ3日間、残業続き。
ミーティングした時間と同じ時間だけ残業してる私。

今まで忙しくて、理不尽で、しかも何人もの人が数ヶ月のうちに
辞めて行き、色んな人が辞めたいと言ってるのを耳にして、
私も毎日のように次の仕事を探すことを考えて来たけれど、
大きいボスがここ2週間おきに上海にやってくるようになってから、
少しだけ、ほんの少しだけ変化が・・・。
どうやら小さいボスが、大きいボスに、
「このままだと日本チームは総辞職してしまいますよ」って
言っちゃったらしいkao02

大きいボスはやっぱり相当びっくりしたらしく、
でも私たちにとってはそれがプラスに転じて、
「困ったこと、欲しいもの、したいことがあったら何でも言って!」状態に。

例えば、新しいオフィスに引越して来て、オープンオフィスになり、
電話をかけたり翻訳をしたり、集中しなければならない仕事が多い私は
気が散って仕方がない。
と言うか、むしろ私から隣の人に話しかけたりしてしまい、
自爆状態。

で、「パーテーションが欲しい」と大きいボスに言ったら、
じゃあ。と、注文してくれた。
しかも私にだけ・・・。

私ひとりだけにって、それもどうなのと思うけど、
極端な話し、言えば叶う。。。みたいな。
今なら期間限定でって感じで。

日本チームは時差もあるので、必要な時は各自の責任で
朝一時間早く出勤しましょうってことになり、
今度は何かと思えば、

「じゃあ日本チームのためにコーヒーマシンを買う」

って大ボス。

今までエスプレッソマシーンはあったのだけれど、
さらにグレードアップして、色んな種類のコーヒーが作れる
マシーンを買うらしい。

さらに日本出張もつくり、「一緒に行きたい人!」って募集まで。
まあ、大きいボスと一緒に行きたいかは別としても・・・。

今まで日本チームのパフォーマンスが悪いとか、
さんざん言って来た割に・・・極端。


そして大きいボスは、「渋谷とか六本木に行きたい!」とはしゃぐので、
「渋谷はボスには若過ぎますよ」って言ってみました。

思えば私は要所要所、失礼よね、相変わらず・・・。

「結婚しているんだよね?」って聞かれたときも、
『いいえ、これからです。ボスは独身ですか?』って返した私。
多分ちょっとむっとしていたけど・・・苦笑

とにかく、チーム存続危機
(しかも会社都合ではなく働いてる人の都合による危機)を、
大きいボスは果たして救えるのでしょうか。

仕事を始めてから半年間、ずっと今すぐ辞めたい!って思っていた私(!)だけど、
「とりあえず1年はいようかな」って気持ちに変わって来ただけでも、
効果はあったのかも。

でも、日々の仕事は全く変わらないけどね。
しばらく様子見だな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。