Strolling in Wonderland☆上海編☆
世界を飛び回るのが大好きなスイス人と一緒に飛び回る、日本大好き日本人のダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の合宿。Moganshan編-4
Monganshanへの合宿日記、最終編です。

夜はイエローチキンカレーにバーベキュー。
バーベキューはアイさん(お手伝いさん)が焼いてくれました。
なんと、ここにはお手伝いさんが二人も付いていてくれたのです。
お皿洗いは全部アイさんがやってくれて、私たちは楽々。

でもメインのカレーは自分たちで作りました。
IMG_2036_convert_20090809223238.jpg

IMG_2041_convert_20090809222404.jpg

夜お腹いっぱいになったあとは、みんなでトランプ。
トランプなんて、何年振りかしら・・・・。
日本でいう、多分大貧民?を、何ゲームやったことやら・・・。
私は全て上位3位以内をキープ。密かなトランプの才能を発掘です。
みんなで外に出て、上海ではなかなか見られない星空を見ながら、
プラス、蚊に刺されながらいろいろおしゃべり。
シンガポール人の女の子たちには日本のドラマや歌が大人気で、
いつの間にかカラオケ大会に。
こんな合宿をしたのは、本当に学生以来。(しかも高校生のときとか・・・。)
夜はあっという間に過ぎて行きました。

朝は9時頃に起き出し、キッチンでは既に朝食の準備が始まっています。
なんと、アイさんの手作りパンまで用意されていて、みんなガッツリ。
IMG_2072_convert_20090809225440.jpg

とにかくよく食べるシンガポール人。
私もかなり食べる方だけど、彼らのパワーにはおよびません。

お腹いっぱい食べた後はふたたびハイキングへ。
地図で山をチェックするみんな。
IMG_2094_convert_20090809230801.jpg

前日の散歩で張り切って足をくじいたジョンジョンと、私は留守番チーム。
IMG_2113_convert_20090809231453.jpg

さすがアジア。炎天下の外にいるだけで、汗がだらだら・・・。
じっと座っていただけなのに、服を着替えるはめになりました。

ハイキングチームが帰って来たのでお昼ごはん。
IMG_2139_convert_20090809232222.jpg

ちょうどこの頃から雨が振り出し、帰り支度をしていた頃に村中が停電。
最後はキャンドルを灯しながら、帰る準備をし、ヴィラをあとにしました。

たったの1泊2日だったけど、久しぶりに山の自然に癒され、
みんなとも仲良くなり、エネルギーチャージができた週末でした。
スポンサーサイト
夏の合宿。Moganshan編-3
お昼は、シンガポール人のサイモンさんが作ってきてくれた中華風おかゆ。
IMG_2025_convert_20090728195806.jpg

たまごとか、ザーサイ?の刻んだの、そしてあの腐ったたまご
ピータンが入った塩味のおかゆ。

私はピータンが大のニガテ!!!

このおかゆ、シンガポール人にとってはおふくろの味らしいけど、
日本人をはじめとする欧州人二人は、「うーん。」

でも、2時間もかけて前の晩から作って来てくれたのだから、
美味しくいただきました!

お腹も満たされたことなので、軽くあたりを散策に出かけます。
CIMG1787_convert_20090728200947.jpg

天気が最高に良く、最高!
CIMG1786_convert_20090728202314.jpg

花。
CIMG1785_convert_20090728204754.jpg

あ、ニワトリ。
CIMG1789_convert_20090728201639.jpg

久しぶりに自然を満喫。この下にはお茶畑が広がります。
CIMG1791_convert_20090728202129.jpg

山とは言えども、蒸し暑いアジア。
みんな汗だくになりながら家路につきました。

ただいま。私たちのヴィラの門。
CIMG1799_convert_20090728211004.jpg

そして竹やぶと言えば、「蚊」。みんなおかしいくらいに刺されてました。
私も右と左に巨大虫さされ・・・。っていうか、肩いかついね 笑
CIMG1801_convert_20090728212949.jpg

さて、これから夕飯の準備です!
IMG_2034_convert_20090728212837.jpg
夏の合宿。Moganshan編-2
本当は3時間で着くはずが、
かなりの田舎のためもあり、なっかなか目的地を見つけられず、
結局予定より2時間遅れ、計5時間のドライブの末、たどりつきました!

チェックインを済ませ、アメリカ人オーナーと、3匹のワンちゃんの案内で
本日私たちが宿泊するヴィラへ~。
IMG_2014_convert_20090726150058.jpg

竹林を登ること約5分。
IMG_2101_convert_20090726224156.jpg

私たちのヴィラ。真っ白な壁をバックに、
おっきい鉢植えにちょこんと咲く花がかわいい。
IMG_2102_convert_20090726224655.jpg

さすがオーナーは欧米人たちだけあって、
ヴィラはとても広くてお洒落&清潔(←ここ大事ね)。
IMG_2016_convert_20090726230115.jpg

9人らくらく食事ができるダイニング。
IMG_2019_convert_20090726225725.jpg

2階建て。
上はバスルーム(シャワー)が二つにベッドルームが3つ。
IMG_2020_convert_20090726231709.jpg

2時間遅れての到着なのでお腹がぺこぺこ。
みんなでお昼ごはんの準備でーす。
IMG_2017_convert_20090726232537.jpg

つづく。
夏の合宿。Moganshan編-1
上海は連日40度近い熱帯地域並みの天気が続いてます。
今日なんてスコール降りましたからっ!

さて、そんなあっついコンクリート砂漠から脱出すべく、
先日は莫干山(モーガンシャン)へ自然を求めに行って来ました。

目指すはNaked Retreatsと言う、経営陣のひとりが私たちの知り合いでもある、カントリーリゾート。

上海から車で3時間。今回は総勢9人での旅だったため、
レンタカー(運転手さん付きね♪)でしゅっぱーつ!
IMG_2000_convert_20090721232156.jpg

IMG_1998_convert_20090721232803.jpg

シンガポール人6人、フランス人1人、スイス人1人、日本人1人の
とーっても偏りのあるグループ構成で出発です!

車の中は、主にシンガポール人メインのおしゃべりが3時間続き、
車酔いする暇もなく、あっという間に目的地まで到着しました。

つづく。
モールオブアジアとスイスの山。
アジアで3番目に大きいと言われているマニラのショッピングモール。
確かに巨大!

しかも今流行?のハイパーマーケットがあったり、
映画館にそしてスケートリンクまでっ。
IMG_1880_convert_20090507234141.jpg
しかも壁には何故かスイスの山・・・。

ジョンジョンの話しによると、
フィリピンには本当にスイス人がたくさん住んでいるのだとか。
スイスの生活に疲れた人たち?とかが、
この温かい、そして物価の安い南の島にやってくるらしい。

前にも話したかもしれないけど、ジョンジョンパパは独身時代、世界中を周りながら
高級ホテルやレストランの厨房で、お肉をさばく仕事をしていました。
そして、30年前、ここフィリピンにも住んでいたことがあります。
しかも、あのマル○ス大統領の厨房に所属。

今でも本当にプロ並みのお料理を提供してくれるジョンジョンパパ。
ジョンジョンの料理好きは、お父さんの血を引いてるようです。

そして、当時、フィリピンのフランス大使館で、とあるパーティーが開かれた時に、
その頃フランス語をたしなんでいたお嬢様育ちのジョンジョンママが、
偶然そのパーティーに居合わせて、二人は恋に落ちたそうです。

「あの時のパパは、本当にハンサムだったのよ!髪の毛もあったし」
と、いつの日か私に説明していたジョンジョンママ。

ジョンジョンは大丈夫かしら・・・なんて心配しつつも。

私たちはモールオブアジアで存分にショッピングを楽しみました。
というか、ジョンジョンがひとり狂ったように洋服やら靴やらを
ご購入されていました。

私が唯一購入したものはコレ↓
IMG_1888_convert_20090508001359.jpg

ジャーン!みんな大好きクリスピークリームドーナツ。
IMG_1889_convert_20090508001554.jpg

たくさん買ってご満悦のジョンジョン。
IMG_1895_convert_20090508002159.jpg



ちなみに、7月中旬にはここモールオブアジアで、
アイスホッケーアジアリーグの試合があるそうです!
もちろん、ジョンジョン所属のアイスホッケーチームも参加予定。

ちょうどジョンジョンの30歳の誕生日と重なる時期。
是非そこに参加して、今回会う予定だった親戚のみなさまを呼び、
盛大に30歳を祝ってみたら?

と提案してみたけれど、平日なので難しいかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。